サプリ・健康関連

トップあアスリートも推薦!
EK-6000(15枚×8シート)

EK-6000(15枚×8シート)

EK-6000は、天然鉱石(鉄・銅・カルシウム・マンガン・ナトリウム・カリウム・塩化物)7種類をブレンド。
東洋医学観点から、経絡経穴の気の流れ(エネルギー周波数)に近い周波数帯に仕上げた天然鉱石シールになっています。
他の製品は、ツボや痛い所に貼ることで、局所の血流改善を目的としています。
しかし、EK-6000は、全身の気の流れ(エネルギー)を循環するのが目的なので、血液循環・自律神経の働きが向上し、結果的に痛みが取れたり筋肉がほぐれたりする現象を導き出しています。
あくまでも、目的が局所ではなく、全身に対しての機能改善療法です。EK療法は、人間が持っている自然治癒力を最大限に高めることが最大の利点です。
貼付後、即効性・効果の持続性があるので、是非ご活用してください。

< 効果が期待される症状>
肩こり、五十肩、背部痛、腹痛、膝痛、手足の痺れ、頭痛、目の疲れ、
胸痛、胃痛、膨満感、下痢

■内容量:15枚×8シート

EK-6000(15枚×8シート)
EnergyKineticsシールEK-6000は人間が持っている自然治癒力を最大限に高めます。
身体の痛みや不調に対し、経絡や経穴に沿って貼付する事で筋膜に対してアプローチします。
運動器と言われる筋、腱、関節、骨、靭帯の痛み・痺れはもちろん、
経絡の気の流れを良くすることで内臓に関する不調改善も期待できます。
即効性があり、貼付後から数日の効果持続性があります。

【Energy Kinetics療法とは】
Energy(エナジー)Kinetics(動力学)
運動エネルギーを用いた補完・代替医療の一分野であり、『人間が本来持っている自然治癒力を最大限に高めること』を目的としています。

【EK-6000シールの秘密】
わずか1センチ四方のシールの中には、多くの患者、トップアスリートの健康維持をサポートしてきた福光院長のこだわりが凝縮されています。このシールには鉄、マンガン、銅、カルシウム、ナトリウム、塩化物、カリウムの7つの天然鉱石が粒子状になり練りこまれています。この7つの天然鉱石は、ある周波数を出しています。人間の体の中には微弱な電流が流れており、この周波数の出す効果により生体電流の乱れを本来の流れに戻すことができます。
福光院長のオリジナルメソッドで選ばれた10箇所の体のツボや経絡に貼ることで、血液循環と自律神経の働きを向上させます。

【まずは疲労回復】
体の不調の多くも、その始まりは毎日の疲労が積み重なって発症することがほとんどです。まずは疲れを残さない、そして残ってしまった疲れは早めにとる、これがなにより大切です。
体がだるい、肩こりがひどい、頭痛がする、などの症状も早めの対処で重症にならずに済む場合があります。EK-6000シールをオリジナルメソッドで選ばれた10箇所に貼ることで、肉体疲労や内臓疲労の滞留を軽くすることができます。

【即効性と持続性】
オリジナルメソッドで選ばれた10箇所にシールを貼る以外に、痛みやコリの強い部分にピンポイントで貼ることでも効果を実感していただけます。いつもと同じ動きをしていても、身体の可動域が広がったような感覚をすぐに感じていただけるはずです。
EK-6000シールは、シール自体に特殊な周波数を発生する天然鉱石が練りこまれていますので、シールが身体に貼りついている限りはずっと効果が持続します。

【トップアスリートも推薦】
陸上の日本選手権女子200メートルで日本記録を出し、オリンピック日本代表になった福島千里選手の強さの秘密を探る、という記事が写真とともに先般の朝日新聞に掲載されました。
美しく鍛え上げられた福島選手の腹筋には、EK-6000シールが貼られており、大きな話題となりました。
極限まで鍛え上げられた肉体を持つ一流アスリートが、ワンランク上のパフォーマンスを目指すときに、EK-6000は更なる効果を発揮します。

■開発者紹介
福光悠介(ふくみつ ゆうすけ)
柔道整復師・はり師・きゅう師
札幌月寒中央整骨院院長。
(株)TCS international代表
「月寒から世界へ』をキャッチフレーズにヘルスケアビジネスを全国で展開中。
動作改善をメインとしたリハビリ特化型デイサービス「Active Studio」の全国へのフランチャイズ展開も進行中。

福島 千里(ふくしま ちさと)
日本の陸上競技選手で、専門は短距離。北京・ロンドンオリンピック日本代表。女子100m、200mの日本記録保持者で実力ある美人アスリートとして世間の注目を集める。北海道中川郡幕別町生まれ、幕別町立糠内中学校を経て北海道帯広南商業高等学校を卒業後、2007年に北海道ハイテクノロジー専門学校(情報システム学科)に進学。同校の陸上競技部(北海道ハイテクAC)に籍を置き中村宏之コーチの元で選手活動を続けている。